2018/12【武者泊】釣行記・・・釣行者全員が40cmアップを釣る

2018/12/23 武者泊釣行記 岡上

前日までの予報では、結構な風が吹く予報であったが、当日は思っていたよりも風はなく、一安心。

ただし、昼からは風が出てくる模様。

船同士が集まりじゃんけん後、少しして

 「アブセに5人!」

との会長の声が聞こえたものの、岡谷さんの一言でヤッカン回りに変更に。

アブセではあまり釣れたいい記憶がなかったのと、前回の武者泊釣行にて、初の1位を取った磯であったため、この変更はうれしかった。

 ナダレに3人、ワレに3人降ろした後、今回クジが7番であった為、岡村さんと北の船着きに上がることに。

「上げの潮が残ってるうちに早く釣りよ~!」

船頭さんに言われ、降りてすぐ釣りの準備に取り掛かる。

北の船着きも一級磯だが、下げの潮はあまりよくないとの話。

釣り座を自分は東、岡村さんが西に構え釣り開始。

潮はまだ中泊方面に上げの潮が流れている。潮に乗せて流し、30~35のグレを2枚ほど釣ったところで、

潮が緩み、段々と釣りづらくなる。

遠くに弁当船が見えたため、そそくさと道具を片付け磯代わりの準備をする。

磯代わりは、ヒョウタンに、岡谷さんも合流して3人で上がることに。

朝のうちは水没しており、だいぶ潮は引いていたが、上がってすぐはまだ若干波をかぶっていた。

潮は磯を掠めてヤッカン方面に流れている。釣り初めて少しして、岡村さんが良型のグレを釣り上げる。

自分も潮に乗せて流していると、道糸が走り当たりが! 磯際まで寄せてきて、タモを取ろうと目を離した瞬間、

ふっと軽くなった。姿が見えて油断してたら磯際に突っ込まれチモト切れ。。。
 
数投後、再び当たりが。今度は慎重にやり取りして、岡村さんに掬ってもらい無事釣り上げることができた。

上がってきたのはこの日最長となる40アップの尾長グレでした。

潮が引いてくると隣の磯に移れるようになり、移動することに。ここから南向いて流そうとするも、あまり潮が流れていない。。。

どうしたものかと、ふと後ろを見ると、武者泊方面(東に)に激流が流れていることに気付く。

なんでこっち向きに?と思いながらとりあえず流してみると、イサキがぽつぽつ当たってくる。

3枚ほど釣れたところで岡谷さんと釣り座を交代。

西側に戻って狙ってなかった磯際を狙ってみることに。しかし、上がって来るのはサンノジ。。。

その後、南向いて潮に乗せて流すも特に当たりがなく、東向いて流してイサキを2枚追加したところで、風も強くなり、時間となったため、片づけることに。

港に戻って検寸した結果、全員が40アップのグレを釣り上げる好釣果となった武者泊でした。

竿    シマノ FIRE BLOOD Onaga 1.7-530
リール シマノ BB-X TECHNIUM SUT (スプール1500DA)
道糸   シマノ LIMITED PRO PEG5+ 0.8号
リーダー シマノ LIMITED PRO NYLON ショックリーダー 2.5号
ハリス  サンライン ブラックストリーム 3号
ウキ   岡谷ウキ3L G5
ハリ   ガマカツ Mシステム Type.尾長くわせ 7.5号
撒き餌  ボイルL6キロ+赤アミ8キロ+パン粉

(管理人@釣吉さん速報)
12月23日(日)に武者泊に釣行しました。
船頭は、アブセへの釣行を提案してきましたが、武者泊では毎回アブセなので、別の磯場に変更をお願いしました。
そしたら、ヤッカンになりました。
やっぱり、ヤッカンはよく釣れるわー。
って、ことで釣行者全員が、40cmアップをゲット!
最長寸は、44.5cmでした。
それにしても、12月下旬とは思えぬポカポカ陽気で、管理人@釣吉さんは、ロングスリーブのTシャツ1枚で終日釣りました。
グレーチングの上からドローンも飛ばしたので後日UPします。

スポンサーリンク

釣行写真 撮影:伊与田@釣吉さん / 中司@釣吉さん / 管理人@釣吉さん

天気 水温 気温 渡船
晴れ 微風 下り 不明 風裏はポカポカ ほてい渡船
201804-釣行1 201804-釣行2 201804-釣行3 201804-釣行4
201804-釣行5 201804-釣行6 201804-釣行7 201804-釣行8
201804-釣行9 201804-釣行10 201804-釣行11 201804-釣行12

釣果写真

201804-釣果1