基本スペック

管理人@高知釣吉クラブ
  • 別名 : タモの人-Ⅱ
  • 容姿 : 痛いオヤジ系
  • 身長 : 175cm~180cmの間
  • 体重 : メタボリックシンドロームKg
  • 仕事 : 風が吹けば急用を思い出す@SE
  • 生息地 : 高知県高知市の高台の一等地
  • 好きな人 : カトパン(笑)
  • 行ってみたい所 : 男女群島

プロフィール

昭和30年台後半の5月に、漫画「土佐の一本釣り」で知られる小さな漁師町、中土佐町久礼に生まれる。結構オヤジだが、気分はヤング。 (笑)
ちょっと時化(シケ)たら、波の音が聞こえるくらいのところが実家で、あの大正町市場まで数歩です。だから毎日、朝は干物で、夜は刺身で育った。

母親の口癖は、「新鮮な魚が毎日食べれて、えいねぇ~。 」

だったが、今考えれば、凝った料理はほとんど食卓に上ることはなかった。
(魚は食卓の中央にド~ンと大皿で盛られていて、食べやすいとこだけ食ってたから、骨付きの魚の食べ方は今でも下手…..)

実家に帰れば町民割引カードを持って、太平洋が一望できる 『 黒潮本陣 』 のお風呂に入るのが楽しみ♪
人生の、25%=中土佐町/50%=高知市/25%=華のお江戸で10年間生活。(ちょうどバブル全盛期頃でしたね。)今は、東京の山ノ手線内に豪邸貰っても、生活はしたくありません。ただし、

南の島なら、夜露がしのげれば、明日からでも単身赴任可。

親父は、(遠洋漁業の)漁師だった。多分30年近く、マグロを追っていたと思います。
晩年も、近所で釣りをしてまったりと過ごしていた。
東南アジアのどこかの国で、ランニング(シャツ)1枚と、チンパンジーを交換してきて、しばらく家で飼ってました。数年飼った後に、手に余ったので近所の老人ホームに譲った。数年後に逃げ出して銃殺されたとかしないとか・・・

サイトの更新等について

高知釣吉クラブの親睦の為に立ち上げたホームページです。

大会釣行でめでたくグレの部1位をGETした釣吉さんが釣行記を書くようにしています。釣行後おおよそ、一週間以内にアップするよう心がけていますが、各人の仕事の都合や、抜け駆け釣行で忙しい場合は、少し遅れる場合があります。

ですから釣行の無い6月~9月は、ほとんど更新がありません。
また、不覚にも「ボウズ」となった場合も釣行記はありません。

RSSこのホームページは、最新のブログ型ホームページです。
記事内容(釣行記や弁当記等)は、フィードで取得できるようになっています。

←RSS2.0で高知釣吉クラブの釣行記を購読

サイトリニューアルにあわせて広告も仕込んでみました。

こんなページまでお読みいただき、ありがとうございます。

( 戻る )