(自作ウキの作成)グレの磯釣り専用の自作浮きの作り方をご紹介します。

« 前の工程へ 次の工程へ »
No イメージ画像
(クリックで拡大)
説明
28 自作ウキ(ボディの準備2) 余分なエポキシを拭き取ります。
29 自作ウキ(ボディの準備2) ボディ材の低部を3mmのキリで突き抜きます。
30 自作ウキ(ボディの準備2) スポイトを60mm位のところでカットします。
31 自作ウキ(ボディの準備2) カットした芯材をボディに入れ芯に納まるか確かめます。
32 自作ウキ(ボディの準備2) 確認したら、先の方へエポキシ5分硬化を塗ります。
33 自作ウキ(ボディの準備2) ボディへ差し込み、ボディ上部及びパイプ上部にもエポキシを塗り8mmにカットした頭部材で蓋をします。
34 自作ウキ(ボディの準備2) ボディの接着完成です。(40分以上置きます)
35 自作ウキ(ボディの準備2) 接着したボディ頭部パイプのはみ出した所をカットします。
右側がカットし終えた状態です。
36 自作ウキ(ボディの準備2) カットしたパイプとバルサの接合部にアロンアルファーを染み込ませます。
37 自作ウキ(ボディの準備2) ボディの角をカッターで落とします。
38 自作ウキ(ボディの準備2) オモリ低部から抜けているパイプが10mm有るのでボディ低部から出ている寸法を確かめカットします。
低部を何ミリ削れるか確認する為です。
« 前の工程へ 次の工程へ »
( オモリ加工1  / ボディの準備1 2 / 旋盤作業 / 塗装1   / 仕上げ )